消費者金融とキャッシングの審査の違い

「消費者金融」、「カードローン」、「キャッシング」、「総量規制対象外」など、お金を借りる時に利用出来る方法には様々な名称があります。本来はそれぞれの名称ごとに別のものを指しているはずなのですが、現状は全く同じものを違った名称で表現していることが多くあります。

そもそもの言葉通りの意味を紹介すると、次のようになります。カードローンとは、「分割返済を前提にした融資」ことを意味する表現であり、キャッシングは「一括返済を前提とした融資」を意味しています。現在のカードローンはほとんどが分割返済を採用しています。つまり、ほぼすべての消費者金融・銀行カードローンは全て「カードローン」として表現した方が適切です。つまり、タイトルに関しては「返済方法の違い」と言うのが一番大きなものになります。

しかし、審査の違いと言う意味では名称ごとの違いと言うよりも「会社ごとの違い」しかありません。つまり、タイトルに対する回答としては「正確な回答は出来ない」と答えるのが適切であり、ここで具体的にどこが違うと言うことを表現することは不適切だと考えます。

各社ごとの違いと言っても、詳細な審査(スコアリング)についても公表されている訳では無いので、実際に利用した人のデータなどを参考にして推測していくしか方法がありません。いずれにしても、どちらも消費者金融が提供しているサービスであると言うことを考えていくと、「ほぼ違いは無い」と言う認識でいても問題ありません。