レディースローンの借り入れするデメリットは?

カードローンの種類には、「レディースローン」というものがあります。レディースローンが通常のカードローンと違う点は、「すべての対応を女性が担当してくれる」というもので、その多くはそれ以外の違いはありません。つまり、担当してくれるのが同じ女性だから「女性特有の悩み・問題なども相談しやすい」というメリットがあるのみで、それ以外のメリットは特に見受けられないのが現状です。

借り入れ基準が低いとか金利が低い、レディースローン特有のお得なプランがあると言ったことではありませんし、例えば専業主婦と言った本来であれば借り入れが出来ない女性に多い職業でも利用出来ると言ったこともあります。あくまでも普通の基準に則って審査を行い、普通の基準に則って利用していくというものであることを覚えておきましょう。

ただし、レディースローンの中には「通常よりも借り入れの基準が低く設定されているもの」もあります。ごく一部ではあるのですが、通常よりも借り入れまでのハードルが下がることで収入面でビハインドを負うことが多い女性でも気軽に利用することが出来るというメリットを持つものもあります。

「借りやすい」ということは非常にうれしいメリットではあるのですが、その代わりに「借り入れできる上限金額が低い」、「金利が高めに設定されている」と言ったデメリットがある場合も少なくありません。しっかりと状況を判断しながら利用していくことが大切です。